ホーム > 人工関節とは > 人工肘関節置換術 > 関節へのアプローチ

検索

人工関節とは

関節へのアプローチ

肘関節を露出させる

まず手術室に入ると、麻酔がおこなわれます。麻酔が十分に効いてきたら、消毒液で肘のまわりの皮膚を十分に消毒します。手術中の血行を緩めるため、上腕に止血帯を巻きます。

肘関節の上を約15cm切開します。肘関節の骨が見えるまで、筋肉や他の組織を少しずつ深く切開していきます。


骨の処理をおこなう

片方の前腕の骨、尺骨の端には突起があり、上腕骨の端の裏側に伸びています。専用の電動ノコギリを使ってこの突起の部分を切除します。

こうすると、前腕の2本の骨は通常曲がらない方向へ曲がるようになります。そうすると、上腕骨の一部を電動ノコギリで切除することができます。

インプラントを挿入した後、骨が正しく揃うように、精密なガイドを使いながら切除します。

最初に上腕骨の端の中間部分を切除します。

腕の骨の中心には、比較的柔らかく小さな孔がたくさんある骨組織があります。この部分の骨は「髄腔」と呼ばれます。専用のインストゥルメントを使って、上腕骨の髄腔からこの柔らかい骨の一部を取り除いてきれいにします。そして、インプラントの形に合わせて髄腔の成形します。

尺骨も同様のインストゥルメントを使って柔らかい骨を一部取り除いてきれいにし、髄腔を成形します。


インプラントを取り付ける

人工肘関節インプラントは2本の金属製ステムとそれらをつなぐ金属製ロックピンで構成されています。

このピンは丈夫なプラスチックで裏張りされたステムの端を貫通しており、肘を曲げるベアリングの役目を果たしています。

ステムは、あらかじめ処理された髄腔にそれぞれ挿入されます。挿入する前に、骨専用のセメントを髄腔に注入してステムをしっかり固定します。

セメントが固まったら、2本のインプラントを組み合わせ、ピンを挿入してつなぎます。


創を閉じる

人工肘関節がもっとも良い状態で機能するように、必要に応じて人工肘関節を取り巻く靭帯を調節します。
セメントが固まったら、2本のインプラントを組み合わせ、ピンを挿入してつなぎます。

インプラントをすべて所定の位置に収め、靭帯を適切に調節したら、医師は組織を元の正しい位置に戻すように組織層を縫い合わせます。

手術後、手術した部分から生じてくる液を外へ流し出すために、創へプラスチックチューブを2〜3時間挿入しておく場合があります。切開した皮膚の縁同士を縫い合わせ、肘に滅菌包帯を巻きます。

その後、患者さんは回復室へ移されます。



ジンマー バイオメット Copyright(C) Zimmer Biomet G.K. All Rights Reserved. .