検索

人工関節とは

手術の流れ

1. 手術前


患者さんと主治医の相談により、患者さんにとって人工肩関節全置換術が最も適切な治療法であると結論が出たら、手術の日程を決めます。

手術を受ける前には、いくつかの準備が必要です。例えば、主治医は、最初に診察した医師が身体検査を行っているかどうか、質問することがあります。これは、糖尿病や高血圧など他の健康上の問題をチェックし、手術前に治療する必要があるかどうか、確認するためです。

主治医や他の医療スタッフは、入院中の準備事項や手術後の訓練などについて説明を行います。

2. 手術当日


手術当日、手術を受けない方の腕に静脈チューブを挿入し、手術に必要な薬物や輸液を点滴します。それから手術室に行き、麻酔を受けます。麻酔の効果が表れたら、手術を受ける側の肩を特殊な溶液で洗浄・滅菌し、皮膚から細菌が入り込まないようにします。

創部を滅菌包帯で巻いた後、患者さんはリカバリー室に運ばれ、注意深く監視されます。麻酔が切れるに従い、徐々に意識がもどります。

最初に、看護婦は肺をきれいにするために、咳をしたり、深呼吸をするよう勧めます。手術をした腕には副木をあて、痛みと腫れを抑えるために氷バックを巻くこともあります。

再び、鎮痛剤を投与し、意識が完全にもどったら、病室にもどされます。

3. 手術


手術は、まず肩の切開から始め、肩関節を露出します。特殊なガイドや器具を用いて、上腕骨骨頭部(ボール)を切除し、インプラントを受け入れるために骨の準備をします。

次に、新しい金属製ボールとステムを挿入します。グレノイド(ソケット)を置換する場合は、損傷した表面を滑らかにし、新しいプラスチックソケットを挿入し、ボールとソケットを連結します。この人工関節がうまくはまっているか、きちんと機能するか確認した後、切開部を縫合しドレッシングで覆います。特殊なドレーンを創部に挿入し、手術部位に自然に生じてくる体液を排出します。肩の関節炎の症状や損傷の程度にもよりますが、通常、手術は1〜3時間かかります。

創部を滅菌包帯で巻かれた後、患者さんはリカバリー室に運ばれ、注意深く監視されます。麻酔が切れるに従い、徐々に意識がもどります。

次に、看護婦から、肺をきれいにするために、咳をしたり、深呼吸をするよう勧められます。手術後の腕は副木か装具があてられ、痛みと腫れを抑えるために氷バックが巻かれることもあります。

再び、鎮痛剤が投与されます。意識が完全にもどった後に、病室にもどされます。

4. 手術後


病室に戻ると、新しい人工肩関節周囲の筋肉を緩めるための穏やかなリハビリ計画を開始します。手術当日にベッドから起き、歩くことを勧められます。痛み止めは必要なだけ受け続け、手術の約2日後には包帯を取ります。

術後の状態にもよりますが、入院は通常2〜3週間程度です。手術後数週間は、肩に熱感があり、敏感になっている可能性があります。退院前に、理学療法士から、回復に必要なリハビリ運動のやり方についての指導があります。

手術が成功し痛みやこわばりが取れれば、主治医の指示に従って、通常の生活のいくつかは再開することができます。
しかし完全に回復したとしても、活動にはある程度の制限があります。人工肩関節全置換術を受けた患者さんは、ハンマーを打ったり、重いものを持ち上げたり、繰り返し持ち上げる動作をしたり、肩を強く引っ張るような活動は避けなければなりません。


ジンマー バイオメット Copyright(C) Zimmer Biomet G.K. All Rights Reserved. .