ホーム > 関節について > 膝関節について > 床で行うトレーニング

検索

関節について

床で行うトレーニング

ひざ伸ばし(床編)

トレーニングする方の脚をまっすぐに伸ばし、膝と床の間にタオルを丸めておいたまま仰向けに寝ます。足首を膝の方へ反らし、膝は床に押し付けるように力を入れ5秒間保ち、ゆっくりと力を抜きます。(50回ずつ)

お尻上げ

仰向けに寝て、膝を立てます。手はお尻の横に置き、少し広めに広げます。お尻が床から少し離れる位置まで持ち上げ5秒間保ち、ゆっくりと元に戻します。強度を上げたい方は背中も床から少し離れるぐらいまでお尻を持ち上げましょう。(10回)

足開き

膝より上にタオルを緩く結び、両足をまっすぐ伸ばして仰向けに寝ます。そのまま足をゆっくりと開いて5秒間保ち、ゆっくりと元に戻します。(10回)

足上げ

足をまっすぐに伸ばし、仰向けに寝ます。太ももの筋肉に力を入れ、つま先を膝のほうへ反らした状態で片脚を天井に向けてゆっくり上げ5秒保ち、ゆっくりと元に戻します。強度を上げたい方は足首に重りをつけても良いでしょう。(左右1セットで10回)

膝曲げ(うつ伏せ)

うつ伏せになります。足首は膝のほうへ反らしながら、斜め45度の高さまで膝を曲げ5秒間保ち、ゆっくりと元に戻します。強度を上げたい方は曲げる足の足首に重りをつけてもよいでしょう。
(左右 各10回ずつ)

金魚体操

仰向けに寝て全身をリラックスさせます。腰を気持ちが良い程度にゆらゆらと金魚の様に左右に振り体のバランスを整えます。(10回)
※注意 畳やカーペットの上でこの体操は行いましょう。
(布団やベットの上は体が沈んでしまい向いてません)

ジンマー バイオメット Copyright(C) Zimmer Biomet G.K. All Rights Reserved. .