ホーム > 患者さんの声 > 田中よしこ(仮名)さんインタビュー

検索
患者さんの声

田中よしこ(仮名)さんの場合

2002年8月にMIS(エム・アイ・エス)で右人工股関節手術

人工股関節手術を受けられようと決心された理由は?

飛んだり跳ねたりしているときはさほど痛みを感じませんでしたが、フラットな道を歩いているときに足を引きずらないといられないくらいの痛さでした。20年間痛みと付き合ってきましたが、信頼できる先生にめぐり合えたことで手術にふみきりました。

手術前にはできなかったけれども、手術後にできるようになったことは?

痛みが全く無く歩くことができるようになりました。真夜中、熟睡のときに襲ってきた痛みがなくなり、熟睡できるようになりました。そして、集中力・思考力が戻ってきました。

普段の生活で気をつけていることはありますか?

支障ではないですが、重いものを持たないとか、階段の昇降には杖とか手すりをもって安定させるように心がけています。

スポーツがお好きだそうですが、今はどうされていますか?

健康美容体操と水泳を行っています。週に3回水泳のコーチをしています。

この手術を受けられていかがですか?

本当によかったです。痛みがなくなり、毎日がバラ色です。体は軽いし、思考力も戻ってきました。毎日が楽しい生活です。

人工股関節置換術をお考えの患者さんへアドバイスはありますか?

まず、いろいろな先生の意見を聞いたほうがよいと思います。また、病気や手術について勉強すべきだと思います。いい先生にめぐりあったら信頼してぜひ手術を受けていただきたいと思います。


ジンマー バイオメット Copyright(C) Zimmer Biomet G.K. All Rights Reserved. .